水色書架

自作の一般向け現代小説を書いています。長編短編をご用意しております。
はじめに
次の小説を構想中です。しばしお待ちを…。

TOPページではブログ仕様で、新着記事順ですが、
【作品リスト】から小説タイトルをお選び頂くと、順を追ってお読み頂けます。
1章ごと《続きを読む》から本文全文をお読み下さい。
【作品のご案内】 ← 作品のあらすじ等は、こちらをご参照下さい。
尚、当ブログ作品の無断使用・転載は禁止しております。

時流めまぐるしく

小説を書くのは趣味の域だから別にいいといえばいいのだけれど…。
時代の移り変わりが早くて、小説で書いた細かい部分がだんだん古臭くなってくるのが気になる。

携帯電話一つとっても、この10年で形が変わり、スマートフォンになった。
SNSはウェブログからツイッターやFacebook、今はInstagramが主流?
インスタ映えという言葉が出るくらいで、これを流行と捉えると、
小説の中でこういった小道具すら時代性を感じさせてしまうため、
流行を避けて書くべきなのか、取り入れたほうが自然なのか、
ちょっと悩む。

特にデジタルは日々進化しているし、
デジタルを無視するわけにもいかないほど生活に密着しているし、
かと言って、流行り廃りも早く巡る。

情報も制度も変わりゆくだけに、
どこまで書いてよいやら。

細かな描写があるとリアル感が出て感情移入の手助けになるので、
あまり端折りたくはないんだけれど。


人気ブログランキング




[ 2018/08/02 01:27 ] 雑記 | TB(-) | CM(-)